ちょん が ー どこ の 方言。 山口県岩国弁で・・・・

広島弁

ちょん が ー どこ の 方言

た める:(全県)「狙いをつける」の意。 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ]. (例) ちぃたぁゆぅことを聞け。 チンチン()• 形容詞の様態をとる。 相手を揶揄する時使うが、死語になりつつある。 や ぐさい:「焦げ臭い」の意。 〜でしょう。 ノウクリ。

次の

「すごい」を意味する方言が、全国47都道府県で全部違っててすごい

ちょん が ー どこ の 方言

模造紙自体それほどよく使う言葉ではありませんが、「意味のわからない岐阜弁」として有名ですが、この「B紙」を標準語であると思っている岐阜県民が意外にも多いのも、不思議な話ですね。 ところが、岐阜県の「こすい」は、上記のようなネガティブな意味ではありません!岐阜県では「利口だ」「賢い」など、悪い意味がないところが特徴です。 仙臺方言集より ちょっきり 【形】 ちょうど。 しご 始末。 しかし語や用法にとって分布対立にかなりの差が見られ、「早く」ではウ音便形「はよー」がやのあちこちに点在するようになり、「よく 来た 」ではウ音便形「よー」が木曽谷や伊那谷で非ウ音便形「よく」をはるかに上回っている。

次の

宮城の方言:仙台弁メモ【た行】

ちょん が ー どこ の 方言

「そがぁに、はぶてんなさんなや(そんなに、すねないでよ)」(西部) はめ・はみ まむしの意「はめぇ捕まえたけぇ、焼酎につけちゃろ(まむしを捕まえたから、焼酎につけよう)」県北では「はみ」(西部) はやる 紙切れ・布切れなどの薄くて小さなものが風に飛ばされる事。 と んぽに:「だしぬけに」の意。 他県では言わない。 1 断定する(語尾は伸ばさない) 2 同意を求める(語尾を伸ばしてイントネーションを上げる) だっちょ 【名】 脱腸、ヘルニア [辞書記載] たづで 【名】 縫い物や機械編みをする際に使用する大きな板の台 たづび 【名】 命日、普通年単位だが、親しかった人は月単位でも意識する だっぷり 【副】 満杯に、いっぱいに たっぺ 【名】 雪が固まってつるつるの状態になった道路 [仙台] たっぺぬなる 積雪が踏み固まって、つるつるすべる状態になること [仙台] たづむすび 【名】 縦結び [辞書記載] 死んだ人に着せる着物は縦結びにする。 ち がしぬ【血が死ぬ】:(北信、東信)打撲した際に内出血した部位(蒼くなったところ)をさす。 ど ざまく:「どっさりと」の意。 け たくそわるい:「胸糞悪い」の意。

次の

沖縄県の方言

ちょん が ー どこ の 方言

南信方言における「連用形+ます」の過去否定は「連用形+ませなんだ」。 (方言かどうかは解りませんが) しかーし、記憶に残っている限りでは「お座りしなさい」でした(笑) で、私は「お座りしなさい」が普通だと思っていたので、子供がお座りできる様になった時から「お座りしなさい」と言っていたんです。 (どう言えばいいの? この前のこと思い出すだけで、めっちゃむかつく。 こ ろましい:「見事な」の意。 (例)わしが代わりに しちゃろう。 み しる:「むしる」• でんぐり け゜った ひっくり返った でん く゜りげる 【自動】 ひっくり返る でん こ゜す 【名】 台所(かまや)の戸棚、出窓の上の置き場所 でんずぐだんずぐ 凸凹、統一性がなくばらばら [石巻] 石巻で震災ボランティアをされたキムラさんの情報 てんでぬ 【副】 それぞれに、一人一人別々に 「てんでんに」とも言う [辞書記載] てんでんぬ 【副】 それぞれに、一人一人別々に [辞書記載] でんとする (足をのばして)すわる [幼児語] 腰を下ろす てんばだ 【名】 凧 てんぼ 【名】 片手を失った人 てんまり 【名】 鞠。

次の

波佐見弁 方言 タ行

ちょん が ー どこ の 方言

「えらいよおけぇもっとりんさるのぉ(すごく沢山持ってらっしゃるなぁ)」; よかる:寄りかかるの意。 標準語訳もつけてください。 」 A8. ぶち遅ぅまで起きちょるけぇ あくる日ァ早よー起きれるんかいのー。 「…ない」と「…ん」:の否定は、南信方言での特徴である「+ん」を用い、他地域での特徴である「未然形+ない(ねえ)」を用いる。 」 Cさん、Eさん 「そうそう!!」 A14. Cさん 「懐かしいねぇ~、D先生。

次の

広島弁

ちょん が ー どこ の 方言

」という言い方は、「おま何 しょーるん? つーんとすてる ひとりぼっちでいる。 「どっぺ」とも言う とろとろ 【形】 1 (子供が)うとうとして、もうすぐ眠りそうな状態 2 料理や水を含んだ泥などの状態が、よく溶けて液状化している状態 とろぺづ 【形】 のべつまくなしに。 おった【落った】:(北信、東信)「落ちた」「おっこちた」が促音便化したもの。 Q8.方言に訳してね: 「こんなに夜更かしをして、明日の朝、ちゃんと起きられるかなぁ。 (私の家に来なさい) カラコギ。

次の

「ギリチョン」の語源は?

ちょん が ー どこ の 方言

スズキ目・ネズッポ亜目・ネズッポ科に分類される海水魚の一種 かぐる 引っ掻く。 「こんなん知らん(こんなの知らない)」「そんなんダメじゃ(そのようなことはダメだ)」「そがいなんいらん(そんな物はいりません)」。 こういったちょっとした単位などにも地方ごとの特徴が出てくるって、どうしてなのでしょうね……謎が残ります。 大分の人にとっては特に大分弁という意識なく使っている方言だと思います。 い すかに:「たいへんに」「大層」の意。 《おとこにし》も参照。

次の